<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

夏草のフーガ

評価:
ほしおさなえ
幻冬舎
¥ 1,470
(2011-07-07)
Amazonランキング: 203026位

JUGEMテーマ:読書
 母親とふたりで暮らす夏草は、祖母と同じ私立中学に通うことが憧れだった。
願いはかない合格したものの、喜んでくれるはずの祖母は突然倒れ、目を覚ますと、自分を中学一年生だと言い張るようになる。
一方、クラス内の事件をきっかけに学校を休みがちになった夏草は、中学生になりきった祖母と過ごす時間が増え、ふと、祖母が以前、口にした「わたしは罪をおかした」という言葉を思い出す。
いつもやさしかった祖母の罪とはなんだったのか…?互いのなかに見知らぬ闇を見たあと、家族は再び信じ合えるのか?
注目作家の書き下ろし感動長編ミステリー。
 キーワードは「中1」。祖母も母も、そして主人公も。
中1の主人公のひと言は、クラス内で波紋を呼ぶことになり、それは無視やメールでの嘲笑などの「イジメ」へと広がっていく。
そして祖母が倒れ、主人公と同じ中学1年だと言い張るようになる。
祖母が歩んできた道のり、思いを探るうちに、彼女の秘めていた信仰心を知ることになる。
自分の思うとおりに生きることができなかったけれど、それも一つの選択肢だった…
2011.08.04 Thursday 17:21 | comments(0) | - | 
<< ひとり日和 | main | ぷかぷか >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 17:21 | - | - |