<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

ポニーテール

評価:
重松 清
新潮社
¥ 1,575
(2011-07)
Amazonランキング: 33976位

JUGEMテーマ:読書
 マキとフミは、できたてホヤホヤの「新米きょうだい」二人の心は、近づいたり離れたり、すれ違ったり衝突したり…こんなふうにして、わたしたちは少しずつ家族になっていく。
母を亡くした小学四年生のフミ。親の離婚で苗字も学校も変えなくてはならなかった六年生のマキ。それぞれの父母が再婚して「家族」となった二人の少女が過ごした始まりの日々を、やさしく見つめる姉妹小説の決定版。
 父と娘、母と娘。
連れ子のいる再婚によって作られた家族は、ちょっとクセモノ。
どんなにいい人同士であっても、いい家族であっても、自分の気持ちをさらけだし素直に接し、家族になるには時間がかかる。
それでもせっかく一緒になった家族、涙を流しながら、ケンカをしながら、少しずつ近づいていくのです。

私は泣きたくなったとき、重松さんの本を読みます。これは、嫌な涙じゃないんだよね。
2011.08.12 Friday 16:20 | comments(0) | - | 
<< 陽の鳥 | main | おきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 16:20 | - | - |