<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

おきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2

評価:
村上 春樹
マガジンハウス
¥ 1,470
(2011-07-07)
Amazonランキング: 295位

JUGEMテーマ:読書
 1、人の悪口を具体的に書かない 
2、言い訳や自慢をなるべく書かない 
3、時事的な話題は避ける。
これが村上春樹さんがエッセイを書く時に自ら課したルールだそうです。
そんな法則に則って書かれた、どうでもいいようだけど、やっぱりどうにも読み過ごすことが出来ない、心に沁みる興味津々のエピソード。
究極のジョギング・コース、オキーフのパイナップル、ギリシアの幽霊、あざらしのくちづけ、、、、
うーん、なるほど。いやあ、ほんとに。
マッサージのように、心のこりをときほぐしてくれるハートウォーミングな語り口。
それに彩りを添えてくれるのは、大橋さんの美しい銅版画。10年ぶりに帰ってきた、アンアン連載の伝説のエッセイ『おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2』。
村上さん曰く「“日本でいちばんおいしいウーロン茶”を目指して書いた」エッセイ。肩の力を抜いて、気楽にご賞味ください。
 アンアンで連載されていますので、ときどき見ていましたが、1冊の本になって見るとまたのんびりと読むことができますね。
変わらぬ語り口のエッセイに、時の流れを感じません。まったく年をとっていないのかと思うほどです(笑)
2011.08.17 Wednesday 13:35 | comments(0) | - | 
<< ポニーテール | main | 天の方舟 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 13:35 | - | - |