<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

四龍海城

評価:
乾 ルカ
新潮社
¥ 1,680
(2011-07)
Amazonランキング: 267575位

JUGEMテーマ:読書
 健太郎の家の近くの海に、ずっと前から不気味な塔が建っている。
地図にもインターネットにも載っていない、謎の建物。
夏休みの最初の午後、憂鬱な気持ちで海岸にいた健太郎は、気が付くとその塔に「さらわれ」ていた。そこには感情がなくなった人々の群、閉じ込められた十数人の大人たち、そして昏い目をした少年、貴希がいた。
健太郎と貴希は次第に心を通わせ、塔を出るための「出城料」を共に探し始める…。
少年たちのある夏、切なすぎる冒険譚。
 「吃音」があるため、人とうまく接することのできない主人公は、不思議な建物にやって来た。
何よりも自己紹介が苦手な彼は、自分のしゃべりにまったく何の感情を見せることのなかった一人の少年に興味を持つことになる。
打ち解けあった二人は、この建物を出るために奔走するのだが…
何となく話が見えてはいましたが、落ち着いたとても読みやすいお話だったと思います。
大人だけでなく子どもが読むことも、おススメ。
2011.09.07 Wednesday 16:20 | comments(0) | - | 
<< 幸福な生活 | main | 昔は、よかった? >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 16:20 | - | - |