<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

海路

評価:
藤岡陽子
光文社
¥ 1,260
(2011-06-18)
Amazonランキング: 89621位

JUGEMテーマ:読書
 独りで過ごす寂しさを感じながらも、診療所で懸命に働く43歳の看護師。
ある日突然、老医師が閉院すると言い出した。
そして、その日を前に失踪した。
唯一の居場所を失った彼女は、先生を捜す旅に出る…。
 死をどこで迎えるのか、これから自分はどうしたらいいのか?
考えさせられる1冊でした。
傍から見たら医師で自分の診療所を持ち、順風満帆に見えているかもしれないが、一人で生きてきて、目標と言うか希望ややりたいこと、執着すること、寄り添う人がいないと、段々と生きづらくなってくるのも確かなことです。

しかしこの本、文字が大きくページ数も少ないため、いかがなものかと思うのですが…そのため☆2つです。
2011.09.09 Friday 14:39 | comments(0) | - | 
<< 虹色と幸運 | main | 介護退職 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 14:39 | - | - |