<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

望月青果店

評価:
小手鞠 るい
中央公論新社
¥ 1,680
(2011-08-25)
Amazonランキング: 22126位

JUGEMテーマ:読書
 母は私を許してくれたのだろうか?夫の誠一郎、盲導犬の茶々とアメリカで暮らす鈴子。
岡山にある実家「望月青果店」には、もう5年戻っていない。
ふいに訪れた停電の夜―故郷に置いてきた記憶がよみがえる。
捨ててきたはずの故郷と母、交わされた約束。
みずみずしくて甘酸っぱい、家族の物語。『レンアイケッコン』以来、3年ぶりの書き下ろし長編。
愛情をもって育てていても、口では女特有の嫌味な言い方で傷つけあったりする。
べったりの仲良し親子に対して、反面教師として早くから母から独立してしまう女たちもいる。
そんな二人、母の体調の悪化により数年振りに帰郷する決意をする。
しかし悪天候で家に閉じこもっていると、二人の間にあった過去のことが思い出され、会いたくてたまらない思いと、会いたくないという思いが行きつ戻りつする。
母と娘の関係って、我が家の場合は、こうかもしれない…
2011.09.27 Tuesday 11:05 | comments(0) | - | 
<< まぐだら屋のマリア | main | よろずのことに気をつけよ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 11:05 | - | - |