<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

古手屋喜十 為事覚え

評価:
宇江佐 真理
新潮社
¥ 1,575
(2011-09)
Amazonランキング: 53038位

JUGEMテーマ:読書
 浅草は田原町の喜十の店に、今日も北町奉行所隠密廻り同心の上遠野平蔵がやってきた。
べっとりと血の痕がついた黄八丈を指し、事情を知らぬかと問うてくる。
汗をかきかき聞き込みを重ねる喜十の前に、水茶屋から身を落とした娘の影がちらついて…。
 ケチな隠密廻り同心が持ち込むネタは、いわく付の品ばかり(?)
悪態をつきながらも、古手屋の主喜十は、同業者をたずね歩き、真相を解明する手助けをする。
訳あり美人女房と中年オヤジでおせじにもいい男といえない主人は、仲はいいけれど子どもが授からないのが寂しいところ。
そんな二人の前に現れたのは…
あまり魅力的とは言えない主人公と、登場人物たち。
なんだかなぁ(苦笑)
2011.10.31 Monday 10:55 | comments(0) | - | 
<< 買わずにいられる? | main | 幽霊の涙−お鳥見女房 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 10:55 | - | - |