<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

柿のへた 御薬園同心 水上草介

評価:
梶 よう子
集英社
¥ 1,680
(2011-09-05)
Amazonランキング: 18765位

JUGEMテーマ:読書
 植物を愛する若者の成長を描く連作時代小説
幕府の施設、小石川御薬園でのんびり植物を眺めて暮らす水上草介。
周囲の人々の助けをかりて御薬園界隈で起きる事件、揉め事を治めながら成長する姿を生き生きと描いた9編からなる時代小説。
 そのひょうろりとした風貌から、「水草さん」とも呼ばれる御薬園同心の水上草介。
ただただ植物を愛し、じっと観察しているのが何より好き。
植物の観察はしっかりしているというのに、自分に対する視線についてはきっと見えていないのでしょうね(笑)
そんな水草さんが、持ち込まれる問題を植物や薬植物を通して、さわやかに解決していく青春物語です。
読んでいて、少しじれったい気もしますが、それがまた彼の個性として清清しい気持ちにさせてくれますね。
2011.11.09 Wednesday 11:18 | comments(0) | - | 
<< 四十八人目の忠臣 | main | 涅槃の雪 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 11:18 | - | - |