<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

彼女はもういない

評価:
西澤 保彦
幻冬舎
¥ 1,575
(2011-10-06)
Amazonランキング: 67993位

JUGEMテーマ:読書
 異常快楽のためではない……女を殺せば殺すほど、あの人に会えると信じていた。
完全犯罪のトリックが冴えわたる、書き下ろし傑作ミステリ

母校の高校事務局から届いた一冊の同窓会名簿。資産家の両親を亡くし、莫大な遺産を受け継いだ鳴沢文彦は、すぐさま同学年の比奈岡奏絵の項を開いた。
10年前、札幌在住だった彼女の連絡先が、今回は空欄であることを見て取ったその瞬間、彼は自分でも不可解なほどの困惑と女性への強烈な憎悪を覚え、やがて連続殺人鬼へと変貌する。
誘拐、拉致、凌辱の様子を撮影し殺害する。
冷酷の限りを尽くした完全殺人の計画は何のためだったのか――。
一方、突如起こった連続殺人に翻弄される刑事・城田理会らは、わずかに残された手がかりを元に犯人を追う。鳴沢の暴走を城田は止めることができるのか?
青春の淡い想いは、取り返しのつかないグロテスクな愛の暴走へと変わる……。
R-18ミステリ。
 冷酷な殺人が淡々と行われていく様子は、読んでいてツライです。
犯人がわかっている読者としては、「警察、早く捕まえてくれ!」という気持ちです。
結末がわかっても気持ちいいものではありませんので、ご注意を。
2011.11.16 Wednesday 15:55 | comments(0) | - | 
<< 野蛮な読書 | main | 誰かが足りない >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 15:55 | - | - |