<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

建礼門院徳子

評価:
鳥越 碧
講談社
¥ 1,680
(2011-10-28)
Amazonランキング: 210306位

JUGEMテーマ:読書
 「あなたがいたから、死ねなかったのです」清盛の娘・徳子が、平家でただ一人生き残ったのは偶然ではなかった。
禁忌を恐れず、憎むべき相手を愛してしまった女の懊悩とは―。
後白河法皇の強さに惹かれた女の生涯。長編歴史ロマンス。
 お姫様として育ち、中宮となり後宮に迎えられるも、皇太子からは愛されない。
実家の没落に伴い都落ちし、息子さえも失うというのに、自身は水の中から助かり生き残ってしまう…
何事にも抗わず生きてきた徳子が唯一抗ったのが、後白河法皇の後宮に入ること。
それは、その人に惹かれていたから…
流されるままの徳子に魅力を全く感じてこなかったのですが、これを読んでますます魅力を感じなくなりましたね(苦笑)
2011.11.29 Tuesday 16:49 | comments(0) | - | 
<< ぐるぐる 七福神 | main | 春から夏、やがて冬 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 16:49 | - | - |