<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

春から夏、やがて冬

評価:
歌野 晶午
文藝春秋
¥ 1,575
(2011-10)
Amazonランキング: 9759位

JUGEMテーマ:読書
 スーパーの保安責任者の男と、万引き犯の女。
偶然の出会いは神の思い召しか、悪魔の罠か?これは“絶望”と“救済”のミステリーだ。
 いろんな方がおっしゃっていますが、帯に書かれている「ラスト5ページ…」というのは、本当に必要ないと思いますね。(過度な期待をもってしまう)
これはやはり、恋愛小説の一種なのだと思う。
スーパーの保安責任者の中年男はある日、店内で万引きしたみすぼらしい女に出会う。
本来であれば警察に引き渡すか説教をするはずなのに、彼女の年恰好が自身の娘と同世代ということで、何となく気になり何も聞かず帰してしまう。
2度と会うこともないはずだったのに、彼女が近づいてきていつしか…
みんな心に闇を抱えていて、寂しんだ、本当は誰かとつながりたいんだと思いました。
2011.11.29 Tuesday 16:57 | comments(0) | - | 
<< 建礼門院徳子 | main | ばくりや >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 16:57 | - | - |