<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

放蕩記

評価:
村山 由佳
集英社
¥ 1,680
(2011-11-25)
Amazonランキング: 5997位

JUGEMテーマ:読書
 母を持つすべての大人たちへ。自伝的長編
38歳で離婚歴のある女流作家・夏帆。自由奔放に暮らす一方で、実は長年抱えこんできた秘密があって・・・。
今だから見えてきた、母娘の愛憎と家族の歴史。共感と感動をよぶ、衝撃の自伝的長編小説。
 母と娘の記録なのですが…
放蕩、自由奔放というわりには、堅実に生きているように思えますけれどね(苦笑)。
親子、母と娘、長女と次女、母と息子、大人と子ども、男と女などなど関係がいくつもあるから、思いや感情というのもいくつもあり、近しい親子であっても人の気持ちはわからない。
けれど、年を経ることによって理解していくこともあり、許せる気持ちが起きることもありますね。
2012.01.03 Tuesday 13:47 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 赤絵そうめん―とびきり屋見立て帖 | main | ネオカル日和 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 13:47 | - | - |