<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

あかりの湖畔

評価:
青山 七恵
中央公論新社
¥ 1,680
(2011-11-24)
Amazonランキング: 9868位

JUGEMテーマ:読書
 ――大切な家族だからこそ、打ち明けられないことがある――
 山の上にある大きな湖、その畔をめぐる遊歩道の奥に、食堂と土産物屋を兼ねた「お休み処・風弓亭」がある。
麓の温泉街で観光案内所に勤める父に代わり、店を任されているのは三姉妹の長女・灯子(とうこ)。次女・悠(ゆう)は恋人の就職を機に東京へ出て女優を目指し、高校生の三女・花映(はなえ)もまた将来は美容師になりたいと言う。
26歳になった灯子だけが「天上の人」とからかわれながら、生まれ育った湖畔でいつまでも変わらぬ暮らしを望んでいた。かつて家を出ていった母親の不在を埋めるように、妹たちに言えない彼女だけの「秘密」を抱えて。ある日、外界から一人の青年・辰生がやってきて街に住み着く。妹二人は彼こそが灯子の「運命を変える」相手になるのではと噂しあうが……?
 地上と離れた天国のような地に暮らす三姉妹。
土産物と食堂を兼ねた店を切り盛りするのは、この地から離れたことのない長女。
次女、三女が東京へ行くことになると、長女と父だけが残ることになる。
どこへも行くことのない長女のことを心配する妹たちが、珍しく訪れた旅人にもしかして彼が長女を連れ出す運命の人ではないかと期待するのだが…
いなくなってしまった母、それぞれを思いやる三姉妹、穏やかで温かい物語です。
2012.01.04 Wednesday 18:46 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< これでおしまい―我が老後 | main | 謎解きはディナーのあとで2 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 18:46 | - | - |