<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

ヒア・カムズ・ザ・サン

評価:
有川 浩
新潮社
¥ 1,365
(2011-11)
Amazonランキング: 2580位

JUGEMテーマ:読書
 真也は30歳。出版社で編集の仕事をしている。
彼は幼い頃から、品物や場所に残された、人間の記憶が見えた。
強い記憶は鮮やかに。何年経っても、鮮やかに。
ある日、真也は会社の同僚のカオルとともに成田空港へ行く。
カオルの父が、アメリカから20年ぶりに帰国したのだ。
父は、ハリウッドで映画の仕事をしていると言う。しかし、真也の目には、全く違う景色が見えた…。
わずか7行のあらすじから誕生した二つの小説。大切な人への想いが、時間と距離を超え、人と人とを繋げていく。
有川浩meets演劇集団キャラメルボックス。
小説×演劇の全く新しいクロスオーバーから生まれた物語の光。
 同じ主人公が出てくるパラレルとの2本立てです。
同時に話が思い浮かんだのでしょうか?お話としては本編だけで充分な気がしますが、アイデアがいくつも出てくる作者さんなのだと思います。
強い思いを感じとってしまう主人公の物語なのか?と思いながら、彼が思いを寄せる女性が主人公のような気もする主人公も2本立てという感があります。
2012.01.10 Tuesday 16:14 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 徒然草REMIX | main | シューメーカーの足音 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 16:14 | - | - |