<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

舟を編む

評価:
三浦 しをん
光文社
¥ 1,575
(2011-09-17)
Amazonランキング: 539位

JUGEMテーマ:読書
 玄武書房に勤める馬締光也。営業部では変人として持て余されていたが、人とは違う視点で言葉を捉える馬締は、辞書編集部に迎えられる。
新しい辞書『大渡海』を編む仲間として。定年間近のベテラン編集者、日本語研究に人生を捧げる老学者、徐々に辞書に愛情を持ち始めるチャラ男、そして出会った運命の女性。
個性的な面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。言葉という絆を得て、彼らの人生が優しく編み上げられていく―。
しかし、問題が山積みの辞書編集部。果たして『大渡海』は完成するのか―。
 新しい辞書「大渡海」を編み出していく面々。
言葉に対する思い入れが並大抵でない者から、仕事の一つとしてこなしている者、辞書の紙をおさめる業者、言語学者、定年間際の社員、彼が見出してきた変人…そしていつしか時は流れ。
1冊の、それも辞書というものを作り出していく人々の、熱い気持ちが伝わる読み応えのある1冊でした。
こんな素敵な装丁なのですもの、帯はもう少し落ち着いたものでもかまわないと思います(苦笑)
2012.01.26 Thursday 15:09 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 怪談 | main | 冬姫 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 15:09 | - | - |