<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

冬姫

評価:
葉室 麟
集英社
¥ 1,785
(2011-12-05)
Amazonランキング: 30636位

JUGEMテーマ:読書
 信長の娘として生を受けながらも、母を知らず、孤独のうちに育った冬。
父の命により蒲生氏郷のもとへ嫁ぎ、想いを交わしあう幸せな日々が訪れるが―
お市、茶々、江、ガラシャ…姫たちの戦いに翻弄されながら、ひたむきに歩んだ女人がいた。
今もっとも注目を集める時代小説の旗手が、命を吹き込む新たなヒロイン。
 戦国の時代、姫たちはただただ運命に流されていく。
女性が主人公になる場合は、自分で運命を切り拓くことができなかった時代だっただけに、やや妖しいものたちも活躍したりする物語になってしまうのでしょうか?
2012.01.28 Saturday 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 舟を編む | main | 夢の花、咲く >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 23:04 | - | - |