<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

トライアウト

評価:
藤岡陽子
光文社
¥ 1,575
(2012-01-18)
Amazonランキング: 11197位

JUGEMテーマ:読書
 八年前、新聞社に勤める久平可南子は、「父親はいない」男子を出産した。
その半年以上前、可南子は写真週刊誌に深夜、その後、八百長疑惑で逮捕されたプロ野球選手の片岡信二と一緒にいるところを写真に撮られた。
まわりの人間は、子どもの父親は片岡だと信じている。
新聞社に勤めるシングルマザーと、元プロ野球選手の胸打たれる再生を描く。
華やかなりしドラフトやルーキーで入団する者もいれば、ひっそりと契約解除され行く先の見えないトンネルに入る者もいる。 
戦力外通告されたプロ野球選手は、まさに後者である。
そんな一人の選手と、シングルマザーで息子を遠く離れた実家の両親に預け、東京で働き続ける主人公が取材で出会う。
実家の父の病気、預けていた息子の成長、人生の岐路で出会った二人は、今まで過ごしてきた生活と違う道を歩みはじめる…
抱えているものはそれぞれ違いますが、後味というか読後感がなんともさわやかで、二人の新しい道を応援していきたくなります。
2012.02.27 Monday 15:42 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 無双の花 | main | 嘆きの美女 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 15:42 | - | - |