<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

限界集落株式会社

評価:
黒野 伸一
小学館
¥ 1,680
(2011-11-25)
Amazonランキング: 967位

JUGEMテーマ:読書
 ルールは変わった。新しい公共がここに!

「限界集落」、「市町村合併」、「食糧危機」、「ワーキングプア」、「格差社会」などなど日本に山積する様々な問題を一掃する、前代未聞! 逆転満塁ホームランの地域活性エンタテインメント!!
起業のためにIT企業を辞めた多岐川優が、人生の休息で訪れた故郷は、限界集落と言われる過疎・高齢化のため社会的な共同生活の維持が困難な土地だった。
優は、村の人たちと交流するうちに、集落の農業経営を担うことになる。
現代の農業や地方集落が抱える様々な課題、抵抗勢力と格闘し、限界集落を再生しようとするのだが……。
ルールは変わった!老人、フリーター、ホステスに犯罪者? かつての負け組たちが立ち上がる!!ベストセラー『万寿子さんの庭』の黒野伸一が、真正面からエンタテインメントに挑んだ最高傑作! 新しい公共がここにある。
 「限界集落」と言われながら、そこに住み続けるしかない老人たち。
大した実りが見込めるわけではないというのに、なぜ?
便利な土地が、決して幸せに暮らせる土地というわけではないということを、私たちはわかっているはずだというのに、私たちの尺度を押し付け、根を張って生きている人たちのことを、ただただ憐れんでいただけではなかっただろうか?
とんとん拍子に話が進み、予想通りの展開ではあるけれど、辺鄙で交通の便の悪い山間地で畑や米を作っている人々のたくましさに、心惹かれます。
2012.03.02 Friday 13:09 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 一朝の夢 | main | 花嫁 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 13:09 | - | - |