<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

花嫁

評価:
青山 七恵
幻冬舎
¥ 1,470
(2012-02-10)
Amazonランキング: 44029位

JUGEMテーマ:読書
 兄さんが今度、お嫁さんをもらう。
あたしは断固反対。唾棄すべきことだ。兄と妹。夫と妻。親と子。
固く結ばれた絆の裏には、淫靡で怖い秘密がある。

20歳の大学生・若松麻紀は、眠れない時や寂しい時、兄さんのベッドに潜り込む。
婚約者の話を聞いたのも、ベッドの中だった。
若松家の長男・和俊が、婚約者を連れて来たことで、兄を愛する麻紀はパニックに陥った。
腕利きの和菓子職人・父は、年に一度だけ、家族に内緒で出かけて行く。
逢い引きの相手は、店のお手伝いをしている弓子さんだった。
夫を支えて繁盛する店を切り盛りし、子供二人を育て上げた母は、和俊の結婚式の後、花嫁に向けて一通の手紙を書き出した。
その中には、若松夫婦の思いもよらぬ過去、子供らの出生の秘密が書かれていて……。
仲良し四人家族の中に、ある日いきなり「花嫁」がやってきた。
今までそれぞれがひた隠しにしてきた過去が掘り返されていく。情熱と契約で結ばれた家族の果て。
 それはそれは、人もうらやむような仲の良い大福が評判の和菓子屋さんの一家。
兄が結婚することになり、それぞれの思いがわきだしてくる…
娘、息子、父、母。
各章に分かれた物語をつなぎあわせていくと、ミステリーかと思わされました。
2012.03.02 Friday 16:58 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 限界集落株式会社 | main | オランダ宿の娘 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 16:58 | - | - |