<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

春待ち海岸カルナヴァル

評価:
木村 紅美
新潮社
¥ 1,575
(2011-12)
Amazonランキング: 158501位

JUGEMテーマ:読書
 自分には、愛される価値がない。ずっとそう思ってきた39歳の紫麻。
恋の最初の光が差し込む瞬間をあざやかに描く長編。
 両親とともに海辺の小さなホテルをやっている主人公。
父が亡くなり、母が病気で一線を引くこととなったところ、妹が娘を連れて戻ってきたため、姉妹でホテルをやっていくことになる。
落ち着いていて静かなそのホテルにゆっくりと泊まり、自慢のバスケットに入った朝食を手に、海辺で鳥に注意しながらのんびりと過ごしたくなります。
大きな事柄は特にないけれど、ゆっくりとした時が流れている物語です。
2012.03.19 Monday 09:44 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 七十歳死亡法案、可決 | main | 紙の月 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 09:44 | - | - |