<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

心の森

評価:
小手鞠 るい
金の星社
¥ 1,260
(2011-12-07)
Amazonランキング: 113949位

JUGEMテーマ:読書
 父の転勤で、少年はアメリカの小学校に転校する。少年の名は響。
英語がわからず、友だちもいないので、最初はとまどいながらも、新たな生活がはじまる。
ある日、家の裏庭に続く森で、響は不思議な少女に出会う。
少女は何も話さず、笑顔で見つめるだけ。名前をたずねると、一輪の花を手渡す。
それが彼女の名前、デイジー。
その後も、響はデイジーに会うようになり、森の動物とふれあいながら、彼女の優しさに心ひかれていく。だが、デイジーには、思いもよらない秘密があった…。

子ども向けの本ではありましたが、酒井駒子さんのカバーを見て、読むことにしました。
あらすじの通りのストーリーで、酒井さんのイラストがすべてを語っているような気がします。

2012.03.22 Thursday 14:32 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 朱龍哭く 弁天観音よろず始末記 | main | 途方もなく霧は流れる >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 14:32 | - | - |