<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

降霊会の夜

評価:
浅田 次郎
朝日新聞出版
¥ 1,575
(2012-03-07)
Amazonランキング: 2402位

JUGEMテーマ:読書
謎めいた女の手引きで降霊の儀式に導かれた初老の男。
死者と生者が語り合う禁忌に魅入られた男が魂の遍歴の末に見たものは……。
至高の恋愛小説であり、一級の戦争文学であり、極めつきの現代怪異譚――。
まさに浅田文学の真骨頂!
 悪天候の日、偶然知り合った女に導かれ、降霊会へと誘われる。
会いたい人を思い浮かべたというのに、その人はすぐにやってきてはくれない。
そ人が死んでしまうことを予想していながら、手をさしのべることができなかった人々。
「サヨナラ」さえ言うことができなかった、助ける手立ては本当になかったのだろうか…
私たちは思ってることのほとんどを話すことはないけれど、思いは思ったときに伝えていけたら、思いが残ることはもっと少ないに違いない。
2012.04.23 Monday 14:56 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< PK | main | チョコレートの町 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 14:56 | - | - |