<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

夏天の虹−みをつくし料理帖

JUGEMテーマ:読書
 想いびとである小松原と添う道か、料理人として生きる道か・・・・・・澪は、決して交わることのない道の上で悩み苦しんでいた。「つる家」で料理を旨そうに頬張るお客や、料理をつくり、供する自身の姿を思い浮かべる澪。
天空に浮かぶ心星を見つめる澪の心には、決して譲れない辿り着きたい道が、はっきりと見えていた。
そして澪は、自身の揺るがない決意を小松原に伝えることに―――(第一話「冬の雲雀」)。
その他、表題作「夏天の虹」を含む全四篇。大好評「みをつくし料理貼」シリーズ、〈悲涙〉の第七弾!!
 ここにきて、一気に主人公へ難問題がふりかかってきたようで、物語の行き先がいよいよ見えてくるのでしょうか?
今回に関しては、ほんわかしたお話がなく、成長していくための、姿勢を低くして火の粉を避けるだけの状態です。(それでも、無傷ではいられません)
今いる場所から、あとは上るだけです。頑張れ!
2012.05.22 Tuesday 14:13 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 鼠、剣を磨く | main | おかえり、Mr.バットマン >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 14:13 | - | - |