<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

新月譚

評価:
貫井 徳郎
文藝春秋
¥ 2,205
(2012-04)
Amazonランキング: 24939位

JUGEMテーマ:読書
 八年前に突然絶筆した作家・咲良怜花は、若い編集者の熱心な復活のアプローチに、自らの半生を語り始める。
そこで明かされたのは、ある男性との凄絶な恋愛の顛末だった―。
 長編ではありますが、一気に読むことができました。
期待して読んでいましたが、イマドキのお話(苦笑)になってしまったのが、残念が気がします。
一人の女性作家の壮絶な一生物語(?)、重く息苦しく、しかし本人だけはある意味幸せだったのかもしれませんね。
2012.06.02 Saturday 10:29 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 雪と珊瑚と | main | 僕らのご飯は明日で待ってる >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 10:29 | - | - |