<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

美女の七光り

評価:
林 真理子
マガジンハウス
¥ 1,260
(2012-05-10)
Amazonランキング: 5478位

JUGEMテーマ:読書
 もしデブが宿命ならば、甘んじてそれを受けよう。宿命と運命とは違う、と言ったのは誰だろう。
デブは運命と思いたい。運命は変えられるのだ、きっと。
少女の頃からずっとなじみだったこの下腹の重みは、時には軽くなり薄くなる。
恋をした時には消滅したこともある。恋も運命と同じように、デブも運命に違いない。
だから運命が、私にどれほどの肉を与えても、いつか笑顔でふり落とそうではないか。(本文より)
贅肉とのネバーエンディングな戦いを繰り広げるマリコの恋とキレイのストーリーは、遂に第10巻。
美女エッセイの金字塔!
 イケメン大好き、合コン好き、ブランド物大好きなどなど、自分とはかけ離れた存在ではありますが、不況不況と嘆くだけでなく、こういう稼いでいる人たちがいっぱいお金を使ってくれるのはいいですね。
気を抜くと太る→ダイエットする→痩せる→似合う服を着る→その服を着て出かける→美味しいものをたらふく食べる→太る…女性が陥る状況を語らせたら、面白いですね。
2012.07.05 Thursday 09:28 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 窓の向うのガーシュウィン | main | 彼女の存在、その破片 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 09:28 | - | - |