<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

夜の国のクーパー

評価:
伊坂 幸太郎
東京創元社
¥ 1,680
(2012-05-30)
Amazonランキング: 2011位

JUGEMテーマ:読書
 この国は戦争に負けたのだそうだ。占領軍の先発隊がやってきて、町の人間はそわそわ、おどおどしている。
はるか昔にも鉄国に負けたらしいけれど、戦争に負けるのがどういうことなのか、町の人間は経験がないからわからない。
人間より寿命が短いのだから、猫の僕だって当然わからない――。
これは猫と戦争と、そして何より、世界の理のおはなし。どこか不思議になつかしいような/誰も一度も読んだことのない、破格の小説をお届けします。ジャンル分け不要不可、渾身の傑作。
伊坂幸太郎が放つ、10作目の書き下ろし長編。
 ジャンル分け不要不可。どこか不思議になつかしいような…
確かにどこかで読んだことのあるような懐かしさを感じます(苦笑)
トム君が主人公なのでしょうか、私は最初なかなか作品を読み進むことができなかったです。
何かを考えて、考え込んでしまうと行動にすることができなかったりしますが、こんな風に興味を持つことからいつのまにか物語の中心人物となり、行動していくことができれば、いろんなことが前に進んでいくのかもしれませんね。
2012.07.30 Monday 08:29 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 恋愛は小説か | main | もう、忘れたの? >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 08:29 | - | - |