<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

千鳥舞う

評価:
葉室 麟
徳間書店
¥ 1,785
(2012-07-12)
Amazonランキング: 42693位

JUGEMテーマ:読書
 心が死ねばこの世のすべては無明長夜の闇に落ちる。
この世を美しいと思うひとがいて、初めてこの世は美しくなる。
そう思うひとがいなくなれば、この世はただの土塊となるしかない。
死なせてはならない心とは、人を愛おしむ心や、この世を美しいと感じる心。
ひとはひとに愛しまれてこそ生きる力が湧くもの。涙と感動を呼ぶラスト。
女絵師・春香が描く博多八景にまつわる哀切で感動的な物語。
 豪商から「博多八景」を描いてとの依頼を受けることになった主人公。
八つの景色を描いているうちに、それぞれにまつわる物語(自分を含め)の思いを筆に託していくことになる。
少し哀しいけれど、懸命に生きる人々はやはり美しい。
2012.08.21 Tuesday 10:57 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< ふくろう | main | 月と雷 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 10:57 | - | - |