<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

ひらいて

評価:
綿矢 りさ
新潮社
¥ 1,260
(2012-07-31)
Amazonランキング: 5410位

JUGEMテーマ:読書
 やみくもに、自分本位に、あたりをなぎ倒しながら疾走する、はじめての恋。
彼のまなざしが私を静かに支配する――。
華やかで高慢な女子高生・愛が、妙な名前のもっさりした男子に恋をした。
だが彼には中学時代からの恋人がいて……。
傷つけて、傷ついて、事態はとんでもない方向に展開してゆくが、それでも心をひらくことこそ、生きているあかしなのだ。
本年度大江健三郎賞受賞の著者による、心をゆすぶられる傑作小説。
 いくつになっても、中高生の恋を書き続けていける筆者は、さすがと言ったらいいのでしょうか?
どこまでいっちゃうの?という主人公の暴走ぶりに、ややついていけなくなった読者です。
2012.08.31 Friday 16:44 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 二重生活 | main | 残穢 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 16:44 | - | - |