<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

LOVE&SYSTEMS

評価:
中島 たい子
幻冬舎
¥ 1,470
(2012-08-24)
Amazonランキング: 174439位

JUGEMテーマ:読書
 国が決めた相手との結婚を控えている女と、結婚制度の存在しない国で生まれ育った男。
玉の輿を狙う娘と、地位も財産もない移民の女性との結婚を願う七十歳の父親。
両親の記憶がない少年と、息子への愛のため罪を犯した父親。
競争のないユートピアで、愛情を独り占めしたくなった女。
雑誌記者ロウドが出会った、いくつもの愛のカタチ。
 国による極端な婚姻制度。子育て制度。その制度の中で生き続けていた人々は、それを当たり前のこととして受け止めていた。
しかし、当たり前と感じない、別の感情が芽生えてしまった人は制度の中から脱することができるのか?
誰かが決めた制度ではなく、間違ってもいいから自分の気持ちに正直な生き方ができたら…それはやはり、幸せなんだろうね。
2012.09.12 Wednesday 09:56 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 中年心得帳 | main | 空飛ぶ広報室 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 09:56 | - | - |