<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

微笑む人

評価:
貫井 徳郎
実業之日本社
¥ 1,575
(2012-08-18)
Amazonランキング: 3864位

JUGEMテーマ:読書
 エリート銀行員の仁藤俊実が、意外な理由で妻子を殺害、逮捕・拘留された安治川事件。
犯人の仁藤は世間を騒がせ、ワイドショーでも連日報道された。この事件に興味をもった小説家の「私」は、ノンフィクションとしてまとめるべく関係者の取材を始める。
周辺の人物は一様に「仁藤はいい人」と語るが、一方で冷酷な一面もあるようだ。
さらに、仁藤の元同僚、大学の同級生らが不審な死を遂げていることが判明し……。
仁藤は本当に殺人を犯しているのか、そしてその理由とは!?
貫井氏が「ぼくのミステリーの最高到達点」と語る傑作。読者を待つのは、予想しえない戦慄のラスト。
 理由なき(理由を理解できない)殺人。
本人の語りがまったくありません。
小説家が犯人の背景を探りだし、関係者の声をひろっていくお話は、最近の流行なのでしょうか?
私たちは殺人の動機に、理由がわからない、理解できないことはありえないと考え、幼少の頃の強烈な体験や、何かしらの理由を探し出そうとします、このようなこともあるのかもしれませんね。
最後に肩透かしをくらったような気がしますが…
2012.10.03 Wednesday 12:54 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 白ゆき姫殺人事件 | main | ルパン、最後の恋 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 12:54 | - | - |