<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

先生のお庭番

評価:
朝井まかて
徳間書店
¥ 1,680
(2012-08-11)
Amazonランキング: 85952位

JUGEMテーマ:読書
 長崎の出島を舞台に、シーボルトに仕えた若き庭師の奮闘物語。
土と草花を通して、日本の素晴らしさを実感できる人情時代小説。
 シーボルト、お滝さん、そして…
そんなシーボルトのお庭番というから、一瞬、ご禁制の物がらみで、忍びの者の活躍?などと思ってしまいました(苦笑)
奉公先でいじめにあっていた主人公は、出島にいるシーボルトの薬草園で懸命に働く。
庭の整備や、草木を長い海上輸送に運ぶための装置を考えたりと、大きな活躍をする。
懸命に草木を育てていく青年のさわやかな成長物語です。
そして、日本の草木、自然は何て貴重なのでしょうね。
2012.10.16 Tuesday 16:51 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 光國伝 | main | 傷だらけの果実 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 16:51 | - | - |