<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

六条御息所 源氏がたり 三、空の章

評価:
林 真理子
小学館
¥ 1,890
(2012-09-27)
Amazonランキング: 7770位

JUGEMテーマ:読書
 林真理子が挑んだ小説源氏物語ついに完結!

恋愛小説の神様・林真理子が世界最古にして最高の恋愛小説『源氏物語』に挑んだ話題作がいよいよ完結します。
第三巻は「空の章」と題し、愛人たちを住まわせる六条院を完成させ、さらには、政治的にも栄華を極めた光源氏の人生を、怨念の女性、六条御息所が語り尽くします。
「私の名をどうか聞いてくださいますな」という名文ではじまった小説源氏物語はどんなラストを迎えるのか? そして、林真理子は紫式部が描いた千年前の恋愛をどう描ききったのか? 林真理子ファン、源氏物語ファンならずとも必読の小説源氏物語完結編です。
 六条御息所が語る、源氏の物語。
いよいよ老いに入った源氏は、政治的には圧倒的な力を得たが、時と女のことはそうはいかない。
玉鬘、女三の宮と、娘のような女を手に入れ、しかしそれは幻のように自分の手の中から消え去っていく。
成長していく女と、成長させてやっているのだと思い込んでいるが、実は何も成長していない男。
やはり、源氏物語は面白いです。
2012.10.19 Friday 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< のろのろ歩け | main | 彷徨い人 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 10:20 | - | - |