<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

アスクレピオスの恋人

評価:
林 真理子
新潮社
¥ 1,680
(2012-09-28)
Amazonランキング: 16788位

JUGEMテーマ:読書
 WHOのメディカル・オフィサーとして、感染症医療の最前線で働く美貌の女・志帆子。離婚した有名美容外科医との過去、さらに野心溢れる病院理事長との大人の関係や、年下の小児科医が秘める熱い想い…男たちの憧憬を一身に浴びながら、キャリアも女も輝かせる志帆子には、決して語られることのない「秘密」があった。
そしてある事件をきっかけに、彼女の周囲に、憎悪と疑惑、嫉妬の渦が伝染していく―。純粋であるがゆえに残酷で、ひたむきさゆえに奔放。
マリコ文学史上最強のヒロイン誕生。東京、ジュネーブ、アンゴラ、バンコクを舞台に、さまざまな問題を抱える現代医療の現場を鮮烈に生き抜く女を描く衝撃のメディカル・ロマン。
 同じような設定でも、主人公が男性であればよくある話ですが、女性となると評価する・しないが分かれる物語だと思います。
才色兼備。それも世界的な仕事をこなし、それこそ世界中を飛び回り、その場所場所に彼女への崇拝者がいる。
子どもはいるが、その子どもは離婚した夫が引き取り、日本に戻る数日しか会うこともない。
秘密がある…との宣伝文句でしたが、それほどの秘密でもなかったような気がします。(ああいう世界だから、その秘密は秘密でもなんでもなく、その世界の人はほとんど知っている。)
もう少し何かあるかな?と言うところで、あっけなく終わってしまったのが残念です。
彼女を崇拝する年下の医師と何か起こるかとも思いましたが、意外にあっさりとしたものだったような気がします。
2012.11.06 Tuesday 16:13 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 天皇愛 一冊でわかる歴代天皇、その愛の軌跡 | main | マラソン1年生 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 16:13 | - | - |