<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

球体の蛇

評価:
道尾 秀介
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 1,680
(2009-11-19)
Amazonランキング: 8759位

JUGEMテーマ:読書
 1992年秋。17歳だった私・友彦は両親の離婚により、隣の橋塚家に居候していた。
主人の乙太郎さんと娘のナオ。奥さんと姉娘サヨは7年前、キャンプ場の火事が原因で亡くなっていた。どこか冷たくて強いサヨに私は小さい頃から憧れていた。
そして、彼女が死んだ本当の理由も、誰にも言えずに胸に仕舞い込んだままでいる。
乙太郎さんの手伝いとして白蟻駆除に行った屋敷で、私は死んだサヨによく似た女性に出会う。
彼女に強く惹かれた私は、夜ごとその屋敷の床下に潜り込み、老主人と彼女の情事を盗み聞きするようになるのだが…。
呑み込んだ嘘は、一生吐き出すことは出来ない―。青春のきらめきと痛み、そして人生の光と陰をも浮き彫りにした、極上の物語。
続きを読む >>
2010.01.28 Thursday 08:52 | - | - | 

鬼の跫音

評価:
道尾 秀介
角川グループパブリッシング
¥ 1,470
(2009-01-31)
Amazonランキング: 63376位

 鈴虫だけが知っている、過去の完全犯罪。蝶に導かれて赴いた村で起きた猟奇殺人事件。
いま最も注目を集める新鋭・道尾秀介が満を持して送り出す、初の連作短編集!
続きを読む >>
2009.08.10 Monday 10:17 | comments(0) | trackbacks(0) | 

龍神の雨

評価:
道尾 秀介
新潮社
¥ 1,680
(2009-05)
Amazonランキング: 1750位

JUGEMテーマ:読書
 内容(「BOOK」データベースより)
人は、やむにやまれぬ犯罪に対し、どこまで償いを負わねばならないのだろう。そして今、未曾有の台風が二組の家族を襲う。最注目の新鋭が描く、慟哭と贖罪の最新長編。
続きを読む >>
2009.07.01 Wednesday 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< | 2 / 2 PAGES |